古民家をセルフビルドで再生する~その2

セルフビルドによる古民家再生工事が進んでいます。

基礎石からずれていた束石の修正も終わり、さらに断熱材を敷く分の床下げも終わりました。
f0163491_20145864.jpg
一度はがした板材を断熱材の床として再利用しているところです。
f0163491_20164044.jpg
写真の恰幅のいい人がこの古民家のオーナーです。オーナーは陶芸学校の校長先生で、大工業ではありません。セルフビルドは経験があるとはいえ、この古民家は広さも結構あって大変そうです。
私の出来ることは声援を送るだけで申し訳ないです。

 陶仙房 http://www2.ocn.ne.jp/~tosenbo/・立科町
by countryboxshinshu | 2012-05-16 20:28
<< 集落の午後。 田植えをしない水田 >>