杖と麦わら帽子

軒先に立てかけた杖と麦わら帽子。主の出かけるのを待っているかのようです。
f0163491_20114537.jpg
今の時期、集落は黄金色の稲畑の中で、1年を通じて一番美しい田園風景が広がって見えます。それと同時に稲刈りが本格的になってきました。もう少し長く黄金色の風景を見ていたいような気がします。杖をついて麦わら帽子に手をかざして稲穂の中の道を歩いてみたいものです。
by countryboxshinshu | 2012-09-19 20:49 | 無題
<< 霧ケ峰高原の池のくるみ湿原 ふるさと回帰フェアー >>