人気ブログランキング |

<   2008年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

諏訪湖遠望。

今日は一日中天気はぐずつき、気温も上がらずじまいでした。
下諏訪町は諏訪大社春宮の近くの高台を訪れ、そこから諏訪湖の遠望を目にしました。
f0163491_20524181.jpg
いろいろな諏訪湖の遠望の中でも、この位置は湖の佇まいが実感され、素晴らしいアングルだと思います。手前側が下諏訪町。向こう側が諏訪市。

実はこの雲の覆われている左隅あたりに富士山が見えるはずだったのです。条件の良いときにその姿を撮ってみたいと楽しみにしています。

古代の諏訪湖は、写真の様な町のひろがるスペースはなく、岸辺の高い山間の湖だったようです。ちょうど北海道の阿寒湖のような神秘的な姿を想像できます。

今は水質等ワースト3くらいの湖ですが、それでも遠望の諏訪湖にはどこか神秘的な横顔を感じます。
by countryboxshinshu | 2008-09-30 21:12 | 四季の風景

木造ドーム建築にて。

我が富士見町に木造のドーム建築があります。ロビーはこんな大きな空間で、窓はさながら一枚一枚の絵画のように外からの風景を映し出してくれます。
f0163491_21273469.jpg

この木造建築は修正材をメインに使用しており、修正材の可能性と味をアピールしています。

最近読んだ本で坂本功著「木造建築を見直す」によれば、歴史的な日本建築や古民家にあるような木の使い方だけではなく、修正材のような現代的な木の可能性にもっと目を向けるべきではないかと問いかけています。

古民家の木の魅力だけでなく、木の魅力を将来の建築に生かす技術開発の大切さをあらためて感じさせてくれた本でした。
by countryboxshinshu | 2008-09-29 22:17 | 古民家

ポツンと一軒。

箕輪町の県道を伊那へ行く途中、広々とした畑の中に一軒だけ古民家が佇んでいます。
このブログで家の中を見ていただいた古民家の全景です。これとあわせてご覧下さい。

f0163491_21202183.jpg
もうちょっと近づいて見ると
f0163491_2122645.jpg
地域には、こうして人知れず眠っている名品が探せば沢山あるような気がします。

もっと多くの宝物との出会いがますます楽しみになっていくこの頃です。
by countryboxshinshu | 2008-09-28 21:45 | 古民家

麦草峠より。

今日は気温がぐっと下がり、ストーブの手入れなどをした後、麦草峠の秋を期待して行ってきました。

麦草峠の近くの白駒池の様子です。
f0163491_21144598.jpg
ドウダンツツジの紅葉はまだ部分的でした。山小屋のご主人の話では10月4,5,6日が見ごろだそうです。今年も素晴らしい発色が期待できそうです。

峠からは風景が遠く冴えわたって、夕焼けの木曽駒が近くに見えました。
f0163491_21252214.jpg


なんだか明日も気温が下がりそうです。
by countryboxshinshu | 2008-09-27 21:27 | 四季の風景

魅せる古民家。

今は空き家となってしまった古民家を、箕輪町で見ることが出来ました。

外から見たその空き家は、劣化も相当進み危機的な状況を窺わせていました。しかし中へ一歩はいると、使われている素材と言い、構成されている空間と言い、それは素晴らしい家屋だったことが分かりました。

大玄関を入ってすぐの階段。
f0163491_20191683.jpg
二階の天井はすぎ板で幅半間長さ端から端までの一枚の板。信じられない!!
f0163491_20221853.jpg

基礎は御影石。
f0163491_20263183.jpg
その他もっと写真でお見せしたいですが紙面の都合上残念です。

古民家にも色々ありますが、この家屋は魅せるための造りをした古民家です。大正末期の建築だそうです。往時の贅を尽くした姿を何とか甦らせたいと思いました。中を拝見させていただいた家主様に感謝申し上げます。
by countryboxshinshu | 2008-09-26 20:36 | 古民家

夕照の守屋山遠景。

夕照に山の稜線が浮かんでいます。手前の高い山が守屋山で伊那市と諏訪市の境にある山。
f0163491_2115972.jpg
諏訪地域の古代史にも登場し、謎を秘めた山です。

諏訪地域は縄文の遺跡が非常に多くあります。またアイヌ語で表現出来る地名も多いことを「信州のアイヌコタン」と言う本で知りました。縄文人とアイヌ人がダブったりして歴史のロマンを感じます。
by countryboxshinshu | 2008-09-25 22:23 | 地域の魅力

古民家の中で。

駒ヶ根市東伊那にある空き家の内部です。このままでは住めないと誰しもが思うところですが、また住めるようにどうすればよいのか誰しもがとても無理だろうとも思うはずです。
f0163491_19325566.jpg

f0163491_19334768.jpg
ところがです。この中にしばらくいると、直せると言う気持ちになってくるから不思議です。

良く見ると、木組みもしっかりしているし、木もいいものが使われているし、なにか壊すのが勿体無いように思えてくるし、また家自身が何か語りかけてくる物があるのを感じます。

その語りかけてくる物、それは古民家の魅力ではないかと思います。

さて、この空き家にどこまで手を入れていくかが問題です。手を入れすぎてしまうと古民家の魅力も薄れてしまうようです。

古民家と暮らす面白さは、時間をかけてじっくりとその空き家をながめることから始まります。
by countryboxshinshu | 2008-09-24 20:01

秋空。

雨の日が続いたので、青空がまぶしい一日でした。

富士見の空も一際高く澄んでいました。
f0163491_2185484.jpg

今日は秋分の日。これから日が短くなっていきますね。

明日も晴れて、やるべき予定が入っていれば、毎日が楽しくなるってもんです。
by countryboxshinshu | 2008-09-23 21:36 | 四季の風景

富士見町古民家再生~4~

仕上げが急ピッチに進んでいます。

蔵も甦りました。
f0163491_1833136.jpg
竈も甦りました。餅つきが楽しみです。
f0163491_18344439.jpg

ここは何が出来るのでしょうか。実は露天風呂です。
f0163491_18381742.jpg

風呂を露天風呂にしてしまうなんて、おしゃれな発想だと思いませんか。
by countryboxshinshu | 2008-09-22 18:45

秋の長雨ですか。

今日はしっかりと雨降りです。

この冬の薪をしっかりと覆いました。
f0163491_21454373.jpg


白駒池のドウダンツツジの紅葉もあと少しです。例年10月2,3,4日あたりが見頃です。

ドウダンツツジが赤一色に染まります。今年も素晴らしい発色が期待できそうです。
by countryboxshinshu | 2008-09-21 21:53 | 無題